カナダで暮らす

アパート&ホームステイ

日本はある程度の生活基盤がないとアパートを借りられない場合が多く日本の賃貸契約とカナダのそれはかなり違う。着の身着のままカナダにくる後進国のお金の無い人でも借りられるシステムになっています。ワーキングホリデーや語学留学者は大変助かるシステムであることには間違いありません。

前のページに戻る

カナダの住宅分類

大きく分けると下の三つになる。

アパート・コンドミニアム

アパートメント アパートメント2 アパートメント3

日本でいうマンション。新しい物件ところは最新設備が整っている。セキュリティ面でも安全。反面1ヶ月1,000ドルを超えるところも多い。なので日本ではあまり認められていない全くの他人と「シェア」という二人暮らしをすることが普通。
レンタルを目的とした物件では家具付きのfurnished room(ファニッシュド ルーム)がある。入居してすぐに生活できて短期のワーキングホリデーや語学留学者にはピッタリの物件。バンクーバーダウンタウン内はこのタイプが主流。設備面も充実していてジムやプールのあるところもある。

タウンハウス

タウンハウス   タウンハウス2

コンドミニアムと同じなのだが、ビルディングタイプの堅固な作りでなく戸建に近い感覚の集合住宅。玄関と部屋は全く別にある。果てしなく戸建の生活感が味わえる。
バンクーバーダウンタウンの外に比較的多いので上記のダウンタウン内のアパート・コンドミニアムとほとんど同じの金額で借りられる物件も多いだろう。ただし仕事先やESLはダウンタウンにあるため交通費がかかるようになることが多い。

ハウス・一軒屋

ハウス   ハウス2

完全な一軒家。ダウンタウンから離れた郊外に多い。日本と違い建物は大型で部屋数も多い。なのでホームステイなどに貸し出すことが多い。パソコンをしたい、TVを見たい人は部屋の装備を確認したい。
探せばレンタルもあるだろうがワーキングホリデーや留学の人が借りることはほとんど聞かない。 シェアや個人的に借りられる金額では、クルマがないと全く生活できないような僻地になってしまう事が多いのはカナダも日本も同じであろう。

どんな物件があるのか確認したい場合は下記アドレスにいってみるといいでしょう。現地で探すのにはかなわないけど「こんなモノがあるのか。」と日本で情報をつかんでおけば現地に行ってから行動しやすくなる。

■ 日本語クラシファイド JP Online Listings

貸し部屋・アパート、引継ぎ、シェア・ルームメート、ホームステイ・ファームステイ情報

■ Oops!
バンクーバーで発行されている隔週日本語新聞。「クラシファイド」に貸し部屋・アパート、引継ぎ、シェア・ルームメート募集、ホームステイ・ファームステイ情報がある。

■バンクーバー新報
バンクーバーで発行されている週刊の日本語新聞。「クラシファイド」に貸し部屋・アパート、引継ぎ、シェア・ルームメート募集、ホームステイ・ファームステイ情報がある。

上に戻る

どうやって探す

日本と違って不動産屋は、アパートの賃借契約はほとんど扱っていない。看板
カナダでアパートは日本でいうマンションであり、カナダでマンションは大豪邸を指す。カナダ初心者がアパートを借りるのに、推奨する場所はグランビルストリート西側の「ダウンタウン内」がお勧め。
歩いて20分もかからず行ける距離に大きなスーパーや色々な店があり、夜も真夜中にならない限り人通りが多く比較的安全。
空き部屋のあるアパートには 「VACANCY 1BEDROOM ×××−××××」という右の写真の様な看板に電話番号が出ている。気に入ったアパートであればTELする。
まず管理人は現地の人。 ほぼ99%日本語は通じない。相応の英語力が必要である。
とはいえ多民族国家のカナダのバンクーバー。英語がドヘタなのは日本人のアナタだけではない。勉強と思い根気よくあきらめずにガンバって話すか、英語の上手い友達と一緒に行動しよう。

手順としては、まず電話をかけてアパートのマネージャ等とアポイントをとる。
1.約束した日・時間に行き、部屋を見る。
2.借りたければ「借りたい」と言い、契約書を書きデポジット(契約金)を支払う。
最初にマネージャーと交渉して契約書をかわして部屋を借りる場合、デポジットは家賃の半額です。これはカナダの法律で決まっています。
しかもよほどのことをしない限り、退室時に戻ってきます。日本のように敷金礼金をガッポリとって強欲な大家と不動産屋だけが肥え太る強きを助け弱きをくじくシステムにはなっていません。
家賃の半額以上のデポジットを要求されたら気をつけましょう。ちょっと怪しいかもしれません。
後でも書いていますが、バンクーバーでは個人同士の貸し借りがOKのアパートもあります。この際に発生するテークオーバーという家具や生活用品を含んだ引継ぎ値段は相手のいい値となる場合があります。ボッタクられないように気をつけてください。

保証人が必要だと書いてある本もあるが、まず必要としない。必要と言われたら、そのアパートは諦めるか、保証人を探す。
注意すべき点としては、部屋に家具付きと家具なしがある。家具付きならば、あとで買う必要が無い。1年程度の滞在には経済的である。尚、用意されている家具はそれぞれのアパートによる。

バンクーバー新報ウップス等の日本語情報誌には引継ぎ&シェア情報を帰国の日本人が出すことが多い。英語力のなく一人暮らしをしたい人は、これを探すしか方法はない。しかし高額な家具等の引継ぎ料(テークオーバー)をボッタクられる。こういう部屋はなるべく止めた方がいい。
どうしても…という場合は引き継ぐ家電やアパートの設備は使えるか、立会いでチェックする。AV関係は特に念入りにチェックする。そこの大家が引継ぎを了解しているのかどうかも確認した方がいい。「契約者と違うので出て行け。」なんて言われる場合も多々ある。また光熱費も支払われているかしかっかり確認する事。

アパートシェア制度:
カナダには日本と違いアパートをシェアすることが当たり前に行われている。アパートシェアの最大のメリットは家賃が1/2、1/3になること。一緒に住むのが日本人以外ならば英語の練習になる。逆にデメリットとしては価値観や生活習慣の違う人との共同生活をしなければならない。
暮らし始めて最初のウチはいいのだが、時間が経つとシェアメイトのイヤな部分が見えてくる。このアタリが気になって気になってしょうがない神経質の人だとシェア生活はとーっても憂鬱なモノとなる。あまり自分のカタにシェアメイトをハメて見ないで、相手の価値観や生活習慣を尊重するコトが大切なポイント。

価値観や文化の違いは大きく苦労する面も多々ある。小銭を取られたり、何か消耗品を勝手に使われたりということが多いらしい。夜中に友達を連れて帰ってきて大騒ぎすることもあるそうだ。前者は部屋にカギさえかけられれば問題はないが、騒ぐ(騒音を出す)のはガマンする以外の対策はない。
騒ぐ人間に文句をいっても効果のほどは怪しい。「ルームメイトに迷惑だな。」と考えられるくらいなら最初から騒がないハズなのだから。
また国籍は関係なく日本人同士でも上手くいかない場合も多い

上に戻る

安い部屋には注意

空き巣
日本もそうであるがカナダ バンクーバーにも空き巣がとても多い。
この事は色々な本やサイトに書いてあるし用心しすぎということはないので、鵜呑みに本やサイトの情報を信じてもいい。
「パソコン等いいモノを持ってくる。」「ステレオを買いたい。」などという人は家賃が高くても保険だと思ってセキ ュリティーの良いマンション(カナダではアパートという)に住んだ方がいい。
人通りの少ない地域や裏通りに面したアパート、1階2階はかなりリスクが大きい。四六時中誰かがいる環境でなければ、まず止めた方がいい(あくまで用心のための話で被害に合わない場合もいくらでもある)。
日本人はとにかく狙い目らしい。無用心だし、いいモノを持っている上に、パスポートは色々な国に簡単に入国できるので、そのスジに高く売れるそうだ。

レイプ
「私は読まなくちゃ。」「オレは関係ねえや。」ってなりがち。
ゲイの国のカナダでは男でもレイプの被害にあうこともあるらしい。男女とも、それなりにヤバイところへ行ったり、会ったばかりの素性の分らない男とどこかの部屋で2人きりになる。というようなバカな事はしないようにしなければならない。

夜アパートに帰ってきてアパートの玄関口に入る時は、気を付ける。後ろに誰かいてもそれがアパートの住人とは限らない。レイプや強盗目的でアナタを尾行してきた場合がある。アパートに入る瞬間が他の人と一緒にならないように気を配る。
どこに行ってもボケーっと歩かずに常にまわりの人に気を配る。
対策は上と一緒。高くても保険と思って、いい場所に住むこと。ちょっと家賃が高いと言って治安が悪いところに住み、レイプされた話は現地でいくらでも聞ける。日本ではないという意識を持ち住む場所と出歩く時間には細心の注意をする。
また、部屋探し等で女の子1人で情報を集めるのはいいが、部屋を見に行く時は必ず男性に付いていってもらう。
ある女の子が引継ぎ情報で部屋を1人で見に行ったところ2人の男が部屋にいてレイプされた話がある。
日本のことわざに「君子危うきに近寄らず」とあるが、バンクーバーはまさにこの世界。日本の「安全と水はタダ」の感覚で、不用意に危険に近づいた自分が1番悪い。
自分の身は自分で守るのは海外生活の常識。

上に戻る

これ何の旗?

ゲイの旗

 

さて、アパートをネイティブカナディアンとシェアしたいと考え探そうとしている方いい感じのカナディアンが住んでいる部屋のベランダに、この旗がかかっていた。一体カナダでは何を意味する旗なのか?
この旗はゲイの証。カナダ バンクーバーではゲイもレズもあらゆる権利を認められていて差別もありません。

日本で男同志が手をつないで、街中を歩いていたら大変だが、カナダバンクーバーでは珍しくない。ごく自然な光景。好きになった相手が女(男)でなく男(女)だったという話である。
ゲイとアパートをシェアしている日本人の男を知っているが、彼が 言うには別に何も無いしヘタな女よりもキレイ好き&マメで、とてもいい人とのことである。ただ、みんなこうではないだろう。旗のことをアタマの片隅に入れておいて欲しい。
ちなみに、この旗のかかっているまわりで「ゲイ」という言葉はタブー。
バンクーバーダウンタウンではDavie St(デイビーストリート)沿いにゲイが多く住んでいるとか。友達はここをゲイビーストリートと言っている。

最悪のメキシカン
アパート探しのポイントに同じフロアにメキシカンが数人で住んでいないかも大きなポイントにするべきである。誰に聞いてもメキシカンはレベルの違うウルサさという。
確かに事実である。オイラのアパートの同じ階にもメキシカンが引越して来るまでは本当にに静かな日々だった。
このメキシカンが来てから激変した。彼らにはカナディアンや日本人の常識がまったく通用しない。目をあけている間は大声奇声をあげ喋る歌う。オイラのアパートのメキシカンはギターとタイコを持っていた。これで夜12:00時過ぎまで毎晩歌っていた。
さらに同じフロアに数人のメキシカンが引越してきて、この事態はさらに悪化した。コイツらはすぐに友達になり常に両方の部屋のドアは開けっ放しでガンガン音楽を聴き大声で歌う。大声で電話をする。ワケのわからない友達が頻繁に出入りするようになるり、廊下にタムロして禁煙なのにタバコは吸うは寝ているはしまいにゃ廊下で大演奏会。さすがにこのトキは文句を言ってやった。
しかし頻繁に文句を言って逆ギレされるのもイヤだし、このような状況では管理人にクレームをつけるのが一番のようである。これでも納まらない場合は警察を呼ぶのもかなり効果的な手だという。
それでもダメなときは、引越しするかヤケクソで一緒に騒ぐというのも一つの手ではある。

こういうヤツらは人のことなど全然気にならないようだ。自分達のヤリたい放題をする。もし後からウルサイやつが引越して来た場合は断固たる態度で立ち向かうのが大切である。

上に戻る

ホームステイ

ホームステイ物件
ワーキングホリデーで来た友人がダウンタウン内・近郊でホームステイを探した時の話。
最初の3ヶ月はホームステイをして英会話学校に通う予定で彼はやってきた。学校を即決すると、スグにホームステイ先探しにかかった。バンクーバー新報やウップス、街の掲示板を見て、何ヶ所も候補先まわった…。まずダウンダウン内には無い。「高くてもいいから!」と言っても無かった。
各英会話学校や留学センターが、それなりのホストファミリーを押さえているのだろうか?それ以前にダウンタウンにはホームステイできる大きさの家が少ないのが実情。

カナダ バンクバーでは「英語を習う」という事に関して、様々な形で金を取るシステムになっている。多くの会社や人間が複雑に入り混じって利益を求めている。
個人的に探して見つかるのは、留学センターなどがオススメしない(売れ残り?)になってしまうことが少なからずある。遠かったり治安の悪い地域だったりと、なるようである。しかし中には良い物件はあるみたいで見つかるかどうかは自分がどの位精力的に探すかになる。言うまでも無いが、それなりの英語力も必要となる。
お金はかかるがESLやエージェントを通して探してもらえばいい物件が見つかる可能性が高くなる。とはいえESLやエージェントの力関係で左右されてしまうのである。

当たり外れが大きい
期待と不安に夢ふくらむホームステイだが、本当に当たり外れが大きい。
とにかく、ハリウッド映画に出てくるような家族のワンシーンに、入れるなんて思わない方がいい。「部屋だけ貸している。」という、ビジネス感覚のカナディアンも数多くいる。
メシに関しては「マジ飽きる!」ということ。ホントに日本食が恋しくなるそうだ。
「パンはここにしまってあるから、勝手に食って」という家もあるという。
中には、カナディアン家族の一員となって、一緒に食卓を囲める場合もあるがいい身分の家庭に限られるようだ。それなりの生活レベルを維持するには、カナダ バンクーバーも共働きしないとキツいようで、普段は夫婦で留守がちなんてコトもある。
そんなワケで、日本で留学センターなどを使い完璧に決めてきても、相手のあることだから気が合わない・生活習慣が恐ろしく違うなど非常に難しい。1回で決めようと思わずにいたほうがいい。
「大金を払うんだから、それじゃ困るんだよ!」と日本的感覚でカツカツせずに「ここはダメだったか。」と気楽にいくべき。異文化圏なのだから、日本と同じに事は進まない。

留学センター等に探してもらう
やみくもに探してもらっても上記のようなコトが起きた時に困ってノイローゼのようになってしまうのは自分。
探してもらうのに押さえておきたいポイントはいくつかある。

■途中解約
気に入らなかった場合どんな条件でホームステイ先が変えれるか?

■安全なエリアか?
暗くなると何が起こっても不思議ではない場所もある。レイプと強盗は日常茶飯事。

■ペットを飼っているか?
アレルギー体質の人が家の中でイヌ・ネコを飼っている家に行ったら大変なことになる。くしゃみ鼻水がとまらなくなるだろう。

■何人規模の家がいいのか?
何人もの留学生等がホームステイをしている家もある。わさわさして学校のような雰囲気。ホストファミリーを独占したい人には向かない。

■子供がいるか?
どこの国でも小さい子はウルサイ。手間がかかり親はアナタになんてかまっていたれない。

■ベジタリアンか?
ガツガツ肉を食べてる家は無いようである。肉を食いたい人には向いていない。

■白人か?
白人の家庭になるとは限らないので、白人系がいい人はそれも伝える。ただしカナダはモザイク国家。英語をしゃべるのは白人だけではない。

上に戻る

商売主義に乗るな!

ある日本人がカナダ バンクーバーの中国系の家にホームステイした。
暮らし始めてスグに 「白人でなければイヤ」と留学センターにダダをこね、ホームステイ先を変えた。当の中国系ホストファミリーは何か落ち度が理想の白人家庭?あったのかと、留学センターに変更の理由を聞いたら「アナタが白人ではなかったから。」と伝えられた。このあと人種差別として大問題になったという。

「あなたも何か勘違いしているんじゃない?大丈夫かい?」

留学センターや旅行業者が作り上げたイメージにハマりすぎている。
左のような笑顔の白人家庭に、自分が写っているイメージは捨ててきた方がいい。

現実はこんのばっかりではないことのほうが多い。カナダ バンクーバーは世界中の人種が生活しているモザイク国家である。ホームステイ先は白人家庭だけではない。どんな民族でも2世になって英語で教育を受けていると、完璧なネイティブイングリッシュを話す。

くだらない商業主義感覚は捨てろ!

上に戻る

英語教材

おみやげ

三洋堂 世界のおみやげショップ

「やってしまった買い忘れ!」
「義理であげなくてはならなくなった!」
カナダのお土産はココで解決!!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

vaninfo_vankura.com

_ を@に置き換えてEメールしていただくか下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

スピードラーニング