カナダで暮らす

銀行 電話 電気 TV

アパートなどを最初に借りる場合は賃貸契約とは別にいくつかの手続きが必要となる。管理者が留学していた2000年ごろの情報なので変更されていることは多々あると思われる。(色々と勉強になるので現在のことはアナタ自身で調べてもらいたい)

前のページに戻る

銀行

バンクーバーで見かける代表的な銀行はCanada Trust(カナダ トラスト)やロイヤルバンク。
バンクーバーに行ったばかりの頃、ロイヤルバンクでの口座開設には苦労した覚えがある。銀行に行き、自分の順番になったのだが何を言われているのか、よく理解できない。「Pardon Me」を連発して聞きなおすが、全然わからない。
銀行員がもう1人出てきてコチラをチラチラ見ながら何か話している。ヤバいようなイヤな雰囲気になってきた…。と思っていたらその1人が手にしていたのは、日の丸が大きく印刷されている本であった。銀行員それを見ながら「こ・う・ざ・か・い・せ・つ・で・す・か? 」「!Yes.」(あ〜情けない)
日本人対応マニュアルがあったのだ。英語なんて流暢に使えなくてもどうにでもなる。

大事なコトを聞き逃したくない人や初心者は…
ダウンタウンにあるCanada Trust(カナダ トラスト)銀行は日本語で対応してくれる。もちろん口座開設もOK。平日は4F土曜日は1Fで日本語対応してくれる。
WEB: http://www.tdcanadatrust.com/japanese/index.jsp
TEL:代表(604)654-0392

日本で「CITIBANK」の口座を作っておくと便利である。バンクーバーダウンタウン内で利用できるキャッシュディアスペンサーは多い。
またオーストラリアニュージーランド銀行はカナダのロイヤルバンクと提携していて日本からロイヤルバンクの口座開設ができる。
また、ダウンタウンのジョージアストリート沿いのロイヤルバンク本店には以下のような日本語の申込書も存在します。
ダウンタウン内の小さな店にあるかどうかはわかりません。でもコレを持っていけば作ってくれます。これならば全く英語がダメな人でもOKですね。バンクーバーはなんてすばらしい街なのでしょう(笑)。

なぜ、現地で口座を開かなければならないか?という質問がありました。
これは安全面での理由が非常に大きい。
カナダでは大体$100を超える大きな金額は小切手もしくは銀行のカードで払うのが常識。
バンクーバーは安全といっても大金を持っているのが犯罪者にわかれば、間違いなく襲われる。下手に抵抗したり運が悪ければ、命を落とすことになるだろう。
アナタがキャッシュディスペンサーで大金を引き出すをの、犯罪者が見ていないとは誰にも言えない。現金には名前も書いてないし、取ったもの勝ちである。どこでその金を使おうが不自然には思われない。
しかし、これがバンクカードや小切手ならば取られても、すぐにアカウントを止めればいいのだ。盗難届の出されたモノ使えばスグに足がつくのは犯罪者も十分承知である。

現金は払うアナタだけではなく、受取った側にも危険が発生する。語学学校やホームステイをこちらで決めれば何千ドルと支払うことなる。小切手もしくはカードを使って支払うこと。
これがカナダ バンクーバーの実態である

電話

TELUSというのが日本のNTTみたいな会社にあたる。なんとバンクーバー市内は「定額制でかけ放題」がこちらの常識。
最初の開設はダウンタウンだとSeymour St(シーモアストリート)とRobson St.(ロブソンストリート)交差点のTELUSに行く。もちろんこの時は住むところが決まっていなければならない。
バンクーバー在住で知っている人を2人挙げろと言われて困った覚えがある。アパートのマネージャーと知合いの日系カナディアンの名前を出した。あちらこちらで名刺をもらっておくと、この時役立ちます。
他の人に聞いた話では「そんなヤツいない。」と言えば大丈夫ということだ。ちなみに日本の電話機は使える。トランクに入るスペースがあるなら持ってきてもOK。ただしコールの長さが違うので留守電機能が使えなくなる。

余談:
電話番号を決める時、たまたま担当してくれたカナディアンとMartyの誕生日が同じだった。彼はスゴク喜び、となりのスタッフにも知らせていた。「この日に生まれた人は、いい人ばかりだ」な〜んてことを。
結局、下四桁の番号をMartyの誕生日と同じ数字にしてくれた。なんとも気さくなカナディアン。同じ誕生日、同じイニシャル、同じ名前等々、意外とカナディアンはこういう事に喜びを感じ、打ち解けてくれる。

毎月、こんな請求書が届きます。ウチはいつも基本料金。
支払方法は直接TELUSの窓口で支払うか、銀行のATMの「BILL PAYMENT」で、請求書の下の部分を切り取り、銀行のATMにある封筒に入れて支払う金額を現金で入れ、自分の口座を選べばOKです。(ATMだとあらゆる請求書を同じ方法で支払えます)

コーリングカード
カナダに来るとコーリングカードという日本でいうテレホンカードがある。
日本と比べると破格の値段で国際電話をかける事ができるスグレもの。
大きさはカードサイズで色々なデザインがある。これはOKギフトショップで買ったカード。
日系の店で扱っているカードは日本語での案内が聞けるカードの場合が多い。それ以外はみんなが大好きな英語だけの案内というものもある。

 


公衆電話からの電話のかけ方ですが日本のそれと大きく異なります。
最初にこのカードを公衆電話のカード挿入口に入れてはいけません。
まず、25セントコインをコイン投入口に入れます。カードをひっくりかえすと下の写真のようになってます。

まずは上の赤マルの上側にVancouver area(バンクーバーエリア)ってありますね。
これにダイヤルします。この会社のカードだと案内が流れて日本語の案内を希望の方は5番を押せと言う。
案内にしたがい下の赤アンダーラインのPINナンバーを入れる。ここは購入したときは銀色で覆われていてコイン等でこすって番号を見る。電話をしたい番号を押してくださいと言うから、その通りにダイヤルする。

最初の市外局番が「0」の場合はそれを抜く。もし電話先が日本の横浜ならば「011-81-45-567-1234」というようになる。
ナンバー最初の011はカードに記されている「3.」での指示通りに入れる番号。
「81」は日本の国番号。「45」は横浜市の市外番の「045」のこと。で「567-1234」のかけたい電話番号の順となる。
公衆電話の場合は最初に25セント必要。電話を切れば25セントは戻ってくる。アパートやホームステイ先では1セントもかからない。全て込み込みで10ドルなのである。
ヘンな店で買ったり、しばらく使わないとカード電話会社が倒産している場合があるらしい。信用できるところで購入したいものです。
ところで上の写真見て思いません?そうPIN番号があれば他人のカードで電話できるんです。PIN番号は人に見せないように気をつけてください。

上に戻る

携帯電話

今や日本で携帯電話を持っていない化石のような人はいないだろう。バンクーバーでも携帯電話は当たり前になり、カナダ滞在に欠かせないアイテムになっている。

まず気をつけなければならないのは契約年数。2年契約するとかなりの割引となる販売方法が多い。
しかしワーキングホリデーは1年や語学留学では数ヶ月がいいところだろう。ここで帰国だからと解約を申し込むと解約料を請求される。契約書を読んだが、英語のだったからその時はわからなかった。という落とし穴が最後に待っている。

カナダでは携帯電話を持った後、自分でカスタマーセンターに電話をかけ留守電機能やEメールの機能設定をしなければならない。もちろん日本語のサービスは存在しない。自信がなければ英語が得意な友人などに頼むしかない。

電話会社の代理店以外はかなりアバウトなようなので注意が必要。日本のように「Docomoならどこの店でもOK。」ではない。販売店同士がデータを共有していないので受付けてもらえない。

ここまでご紹介しただけでは携帯電話を持ちたい英語初心者はドキドキだよね。そんな人はバンクーバーでコチラをたずねよう。

JC TEL Canada Place店
#551-999 Canada Place Vancouver, B.C. Canada V6C 3E2
TEL 604-641-1323
営業時間 月〜金 9:00〜5:30

Nelson店
750 Nelson Street, Vancouver B.C. V6Z 1A8
TEL 604-288-2082
営業時間 月〜金 1:00〜5:30
日本語でお問い合わせOK! ホームページ http://www.jc-tel.com/

日本の携帯電話
最近のDocomo や AU の最新機種の契約プランではバンクーバーでの通話やEメールも可能になっている。詳しいサービスについてはそれぞれ販売店にたずねてほしい。
ただし通話料は高いのでヘビーなユーザーは現地での購入をオススメする。
あまり電話をしない人でEメールだけチェックしたいのであれば、何の変更の手間もなくお得なのかもしれない。

NTT DoCoMo:
ドコモホームページ http://www.nttdocomo.co.jp/
ワールドサービス http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/index.html

KDDI au:
auホームページ http://www.au.kddi.com/
グローバルパスポート http://www.au.kddi.com/kaigai/index.html

上に戻る

電気

BCハイドロというのがカナダの電力会社。水力発電が主だからこの名前。アパートに入居するとすでに使えた。あとからTELして契約をした。

支払方法は、直接BCハイドロのオフィスに行き自動支払機($5単位での払い)、もしくはハーバーセンターの地下にあるドラッグストアーでも支える。また、銀行のATMでも支払える。
この度BCハイドロが黒字だったので、1家庭$200(約16,000円)ずつ還元された。お金がもどってくるのではなく、$200から使用量を引かれていくことになる。しばらく電気料金を払う必要がない。うれしい!

しかし悪い話も聞く。契約しないで使い逃げするワーキングホリデー・語学留学の日本人が、とにかく多いらしい。高〜いデポジット(保証金)をワーキングホリデーの日本人からは取ってやろうという話が出ているということだ。
あとから来る真面目な日本人が、とても迷惑するのでやめよう。こんなことするならバンクーバーに来るな!

ちょっと珍しい写真をゲット。
2001年1月に起きたバンクーバーの停電。あらゆる光が消えました。これは真っ暗なRobson St. & Thurlow St.交差点のスターバックス。

題「やっちゃったハイドロ」


写真提供UKI

上に戻る

ケーブルテレビ

Shaw(ショウ)というのがこちらのTV会社。
2001年3月頃からロジャースビデオから「SHAW」(ショウ)という名前に変わりました。新規契約の場合は、メトロタウン近くのロジャースビデオまで契約に行かなくてはならなかったが、「SHAW」に変わったので契約方法も変わったかもしれない。
でも契約時にパスポートは間違いなく必要になる。アパートの賃貸契約書も念の為に持っていった。こちらでは、ただTVをつないだだけでは映らない。
画像の悪い番組案内が1チャンネル映っただけ。基本チャンネルがあって、それにオプションとしてチャンネルセットを足して契約する。契約のセットによっては日本のTVも見る事ができる。しかし英語を勉強しに来た人にはドラッグみたいなモノ。日本語チャンネルは契約してはダメ。日本情報の浦島太郎になりかかるが、インターネットがあるので大丈夫。
視聴料金を最初だけ払って最後の方を払い逃げする日本人が後を絶たない。払わ(え)ないなら見るな。カナディアンの良心に付け込んで、こういうくだらない事をするのは絶対にやめよう。

このような請求書がきます。
2001年3月までは近くのロジャースショップで払えたが、今回からは店頭では支払えなくなった。支払方法は銀行のATMとなった。
英語を覚えたい人が契約すべきオススメのチャンネルは50chのテレトゥーン(TELTOON) 。必ず視聴できるセットで契約しよう。ベーシックなセットに含まれている。
1日中アニメ番組を放送していて子供向けが多い。子供向けアニメは難しい言葉をあまり使っていないので、とてもヒアリングの勉強になる。

(2001年12月頃)25chのYTVでは日本のアニメをかなり放送している、ドラゴンボール、セーラームーンポケモン、デジモン、モンスターファーム…etcといった番組が英語に吹替えられて放送されている。これらの番組を日本で見た方にはとてもいい参考書ならぬ参考番組になるのではないだろうか。

(2001年12月頃) 52chのフードチャンネル(FoodTV)では「料理の鉄人」を放送している。なぜか鹿賀丈志だけは日本語を喋っているが、他の出演者は英語に吹替えられて放送されている。上記のフードチャンネルのウェブサイトを見ると面白い「料理の鉄人」がメインのトピックなのだ。シェフの紹介コーナーや番組のF&Qコーナー迄ある。
ホームシックになっている人にはオススメしない。森本や陳さんの作る料理を見ていると「メチャ美味そう 」→「 ホントの日本食を食いたい 」→「 帰りたい 」感が凄まじい勢いで加速するかもしれない。

テレビを買うとき、英語による字幕がでる「キャプションクローズ」機能が付いているモノを購入しよう。これは耳の不自由な人の為の機能だが、英語が苦手な人にとっても強い味方だ。最初はその字を目で追っていくのだけで一苦労だ。

上に戻る

水道

ここは家賃に含まれている。建物の所有者が税金として納めるようだ。
こちらで自宅を購入しないかぎり関係ないだろう。水質について。2000年頃トロントの近くの町で水が汚染され、O-157を含んだ水が水道から出てきた。何人かが死亡し、しばらく水が使えない状況にあった。これは色々な要因が重なった事件だったが、バンクーバーについては、まず安心していいと思う。
水道水は飲めるし、キチンと消毒殺菌のシステムが整っている。
日本の大都市でもみられるが、消毒に塩素を使っているので、ニオイ・味が少しする。いやな人は浄水ポットをオススメする。
あと、日本とは水質が違う。便秘症のあなた。ここでは快調になるかも。普通の
あなた。ここでは日に2〜3回でるかも。つまりユルくなる。

上に戻る

インターネット

ダイヤルアップ
バンクーバーもすでにADSLやケーブルが主流。サービスを止めつつあるプロバイダーがほとんどだろう。市内電話は無料なので、モデムでもインターネットは料金を気にせず出来る。しかしその間電話が使えないことを忘れないでほしい。ダイヤルアップの場合は1度自分の日本のプロバイダーに問い合わせてみよう。
ローミングサービスなどで電話番号以外日本のプロバイダーの設定を引き継げる可能性がある。大手のプロバイダーほどバンクーバーの大手プロバイダーと提携していることが多い。
留学センターや英会話スクールに行けばパソコンはタダで使える。またネットカフェもいくつか存在する。 しかし時間制限はあるし、プリントアウトやレジュメを書くためのワードなどの使用ができないところが多い。もちろん混んでいたりすれば待たなければならない。

ブロードバンド
バンクーバー内の大手ではケーブルTVのShawや電話会社のTELUSなどがある。バンクーバーに腰をすえて生活するつもりでケーブルTVか電話を入れる予定であればインターネットをセットで申し込んだ方が手っ取り早い。
ShawはTV用ケーブルから分岐させ専用モデムからLAN接続。TELUSの場合は電話回線からのADSLとダイアルアップの2種類がある。
ShawのケーブルかTELUSのADSLをオススメします。
ホームステイやシェア先にTVか電話が引いてあれば、確実にどちらかのサービスが受けられる。

TELUS(電話会社): http://www.telus.com/
SHAW(ケーブルTV):http://www.shaw.ca/en-ca

PCサポート
Ace Computer Systems(エースコンピューターシステムズ)
住所: #204-842 Thurlow Street, Vancouver, B.C Canada .V6E 1W2
TEL: 604-608-1891
E-Mail: sales@ace-computer.net
WEB: http://www.ace-computer.net/
TELUSのADSLやSHAWのケーブルネットに加入したいが英語に自信の無い方や日本語でも「コンピューターのことはどうもダメ」という方に変わって申し込みの代行サービスもしてくれる。また、新品・中古のパソコン販売・修理、パーツ販売及びそれらのセットアップをしてくれる。パソコンのレンタルもしている。
カナディアンのお店ではみてくれない日本語のパソコンの修理も可能。
日本人スタッフが日本語で安心サービスを提供。

JPAN PC REPAIR SERVICE(ジャパン ピーシー リペア サービス)
住所: 903 GILMORE AVENUE BURNABY B.C. V5C 4S2
TEL: 604-999-6528
E-Mail: info@japanpcrepair.ca
WEB: http://www.japanpcrepair.ca/

インターネットへの接続サービス、パソコンの出張修理・セットアップ業務の他、ホームページ作成のスペースを貸すホスティングサービスも行っている。
マイクロソフトHotmailYahooメールのアカウントを日本で作っておけば、インターネットカフェや留学センターで見ることができる。
いまどき電話代を何万円も使うのは、はやらない。実家には最低でもFAX付き電話を導入させるべきである。
電話に比べればFAXの方が安くあがるし、かなりの用件を伝えられる。パソコンにFAX送受信機能があれば受信できる。

こちらで知り合った、高校を中退して来ていた17歳のボクちゃんは1ヶ月電話代が$1,000とか。ママもお友達も恋しいのであろう。 こんな電話代になる人は、日本に帰ってNOVAでも行った方が楽しいし、英語も伸びる。

上に戻る

宅急便

バンクーバーに到着後して住所が決まって日本から荷物を送ってもらう人、また帰国時に何でこんなに荷物が増えたのだろう。とバンクーバーから日本へ荷物を送る人は多いと思う。バンクーバーで見かける運送屋はFedexUPSCanada Post Officeなどが多かった。 クロネコヤマトのクルマもよく見かけた。
クロネコヤマトと日本通運はバンクーバーに営業所を持っている。

ヤマト運輸
「115-13480 CRESTWOOD PLACE, RICHMOND,B.C. V6V 2K1 
TEL : (604) 273 - 9625 FAX : (604) 273 - 4808 
E-MAIL : ytcyvr@telus.net

日本通運
7360 RIVER ROAD RICHMOND
TEL (604)278-2824
E-MAIL : nitsu@telus.net

現地で手に入れた貴重なモノを確実に日本へ送りたいときはここでしょう。
現地の日本語新聞にもよく広告を出しているので見れば載っています。TEL一つで集荷にきてくれます。

価格
出発前にヤマト、日通等何社か送料を比べた結果、この時は郵政が一番安いことが判明した。民間運送会社は早いけど高い。「逆に時間は気にしないから安くして…」という場合、郵政の船便がある。到着にひと月以上かかることもあるけど、安い。上手に使い分けるといい。

再配達
日本の運輸会社は1,2度不在だったとしても電話をすれば何度でも来てくれる、という至れり尽くせりのサービス。しかし、カナダでは1度もしくは2度不在だったら、100%確実に再配してくれない。2度目は「ドコドコの営業所に取りに来い。いつまでに来なければ発送元に送り返す。」という内容のカードが付いている。
結構重いモノが日本から送られてくる。と、わかっているときはイヤでもアパートにいるしかない。実際、配達行為というのは1回行けば終わりなのである。その後はサービスでしかない。中には何度不在表を入れてきても電話一本かけてこない人間がいる。
カナダはこのあたりが実に合理的でギリギリの人数でしかやっていないので何度も配達しない。時間指定?「なんぢゃそりゃ。」の世界。まして夜間配達など危ないのでしない。5:00になれば終わり。
「日本の運送屋の様に、今日不在でもまた来てくれるだろう。」なんて思っていてはダメ。留守にすると自分で営業所へ取りに行かなければならなくなる。重かろうが軽かろうが関係ない。営業所に取りに行き、とても持って帰れないくらい重いモノだったら、その場で改めて新規の配送として料金を払えば、新規の配達また運んでくれるだろう。
日本の親が突発的に親切心で送ってくれそうな場合は、よく言っておく必要がありそうです。

上に戻る

英語教材

おみやげ

三洋堂 世界のおみやげショップ

「やってしまった買い忘れ!」
「義理であげなくてはならなくなった!」
カナダのお土産はココで解決!!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

vaninfo_vankura.com

_ を@に置き換えてEメールしていただくか下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

スピードラーニング