カナダで始めた歯列矯正

私の歯並びと矯正のきっかけ

小さな頃からコンプレックスだったMartyの歯並び・・・。
日本で診察してもらったら、ぬ・・ぬわんと100万円以上の矯正費用がかかると言われました。どうしよう!?と考えているうちにワーホリのビザが到着。あたふたと出発しました。
カナダ到着後約1ヶ月。時差ボケはすっかりなくなり、バンクーバー新報等の日本語新聞を読んでいるとやたらと目に付く「矯正歯科K歯科のドクターK」。
「これは!」と思うと止まらない好奇心が服を着ているといわれるMartyはこのドクターKにノコノコと出かけたのでした。

そうそうカナダ・USAやヨーロッパの美人の基準は、まず歯並びがいいことみたい。カナダで「地元のいい人見つけたい。」なんて人は、まず歯並びですよ。
結構可愛いのに笑った瞬間、ガチャガチャの歯並びが見えたら終わりです。日本ではチャームポイントなんて言われる八重歯は悪い方になる。あまりカナダで見せちゃダメ。

 私の歯並び  私の歯並び上顎


上に戻る

Martyの気持ち

Martyの中で、自分の「歯並び」について触れるのは、まるで「国歌・日の丸」や「戦争責任」等と同じ、「タブー」の部類に入ってました。避けて通ってたのよね。そのくせ、他人の歯並びは気になり、同じ「受け口」の人をみつけると、妙に安心したりして。
「スマスマ」が始まった時の斉藤さんを見るたび、「ああ、同士よ!」と思うと同時に、なにか痛々しく感じ、心の中からエールを送ったものでした。
自分の親・姉妹、しまいにはKatsuにも歯並びを見せたことがなかったMarty。しかしオチョボ口が幸いし、そんなには目立ってませんでした。(だますつもりはなかった)Martyの生まれ故郷・会津ではそんな歯並びなんて気にする友達・親戚もいなかったの。パパは前歯がキラリと光る銀歯、ママは総入歯、しかも合っておらず。

上に戻る

きっかけ

「バブルの申し子」と言われた年の入社組の1人だったMarty。同期入社が300人!毎日仕事と飲み会と、大忙しだったわ。目の前のことで精一杯。これっぽっちも「歯」についてなんて考えもしなかった。
そして退職後、1人のカナダ人と知り合い、ボランティアで日本語を教えることになりました。その時、どんなに自分の歯並びを呪ったことか・・・。
だって、日本語の発音がうまく発音できなかった。つまり受け口特有の発音っていうのかな?モゴモゴってなっちゃって、ホント、悲しかった。しかも教わる方は真剣にMartyの口元をみてるじゃない?「サ行」なんて、思いっきり下の歯が出るから、そのカナダ人も同じ様なクセを持ってしまったらどうしよう、と悩みました。
もしこのカナダ人が将来現地の日本語教師になり、カナディアンに日本語を教える時の「サ行」が、下の歯を出すように、と教え、そのうちカネディアン全員がへんな「サ行」を話すようになっちゃたら・・・、と、そこまで考えました(←考えすぎ)。

Martyの外国人に日本語を教えるという責任はとてもとても重いものだったのです。結局そのカナダ人の影響で自分自身もカナダに行きたいと思い立ち気が付くとワーホリのビザ申請をしてたのです。
カナダのことを調べるうちに歯列矯正の情報がありました。日本でも歯列矯正は保険適用外ですが、カナダでも歯科治療関係は同じ。どうせやるなら、費用が1/3のカナダでやっちゃおう!と思ったのでした。

上に戻る
Myteeth矯正日記1へ

英語教材

おみやげ

三洋堂 世界のおみやげショップ

「やってしまった買い忘れ!」
「義理であげなくてはならなくなった!」
カナダのお土産はココで解決!!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

vaninfo_vankura.com

_ を@に置き換えてEメールしていただくか下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

スピードラーニング