カナダで始めた歯列矯正

2005/7/20 それから1年ぶりのチェック

7月20日(水)
1年ぶりのチェック。つまり、1年ぶりに渋谷へ行く。
1年ぶりにロフトへ入った。化粧水を買おうと思って一階をウロウロしたら、
配置が変わっててて、すこしあわてた。

約束通りの時間に到着。リテーナーを手にして待合室で待つ。
相変わらずぞくぞくお客が入ってくる。繁盛してるな・・・なんて思っていると、
名前を呼ばれた。
「お久しぶりです」と元気に声をかけてくれ、うれしかった。もしかすると
忘れられてるんじゃ・・・・とも思ったから・・・。でも大丈夫だった。
助手さんが、「何か変わったところはないですか。リテーナーの破損などありませんか」と
聞いてくる。
「特に何もないです。」・・・本当に何もないのだ。しかし、
「カルシウムのサプリメントは飲んでますか。」の質問には
「すみません。飲んでません。でもチーズとか食べるようにしてますが・・・。」
と答えるしかなかった。そう。一年前にはまだ歯がぐらぐらしていて落ちついてなく、
カルシウムを摂るように言われていたのだ。
今回、どうかな・・・。
まずは助手さんが、歯を磨いてくれた。
「きれいに磨けてますね。」とほめられ、ちょっとうれしいMarty。
そして先生登場。
「どう?元気ですか?サプリメント、摂ってる?」
とのっけから言われてしまった。
「落ち着いたかな?」
と歯を触る。
「あっ、もう固まってる!大丈夫。よかった、よかった。じゃ、今日から、リテーナーは
2日に1回でいいです。2日に1回って、忘れやすいので、偶数の日、とか奇数の日、とか
決めてしてね。次は3ヵ月後で!」
「・・・・やたーーっ!」
やっとここまで来た。もう少し。もう少しだぁ〜!

上に戻る

2006/11/27 半年ぶりの点検

半年ぶりの調整。前回はまだ歯が安定しておらず、もう少し様子をみることになっていたのだ。
リテーナーを週7から週6・・・5・・・とつける日数を減らしていき、半年後の調整では週に1回のリテーナーの状態。普通だったらこの半年で歯が固まり、リテーナーからも卒業〜!
のはずなのに、Martyはまだまだ安定しないない。さらに半年が課せられたのだ。

そして調整の日。
「どう?チョット見せてね。あっらー。これ、後戻りしてるわ。ぜんぜん固まってない!!」
先生、絶叫。
確かにリテーナーをつけた翌日はある程度定位置にある歯だが、これが日をあけると、徐々にズレて行くのだ。この期に及んで、まだ動くMartyの歯。にっくきヤツめ。
そして先生、これが最終兵器とばかりにMartyに言った。
「じゃあ、新しいリテーナー、作るわ。もっとかたいやつ。半永久的に使えるやつ。それをしていくしかないね。一ヵ月後に来てください。」
どうやらもっと強力なリテーナーを作ってくれるらしい。一生もんの。っていうか、一生つけなきゃなんないの?くすん。悲しいわ。

ということで、1ヵ月後に新リテーナーを取りに行く。

上に戻る

2006/12/12 矯正日記ラスト!

最終リテーナー2000年の春、カナダのバンクーバーで始めた矯正。いや、矯正したい!という気持ちを持ったのは、もっと小さいときだった。そして2006年12月12日、Martyの矯正が終わった。
最終リテーナーをもらった。もちろんまだ注意していかなければならないが、とりあえず、終了という形になった!!

よく思っていたことだが、どうしてもっと早く矯正をしていなかったのだろうか。
小さいときは親の注意もあるかと思うが、大学生くらいになったら、自分の意志で決められること。
ホントに、もっと早くやっていればよかった一体Martyは何を気にしていたのだろう。
やっぱり、ブレースのあのギラギラ?かっこ悪い?年頃の娘が大きい口で笑えない?
そんなことばかり考えていたと思う。今、そんなことを考えている人に言いたい。今すぐ、行動すべし!!
一日でも早ければ早いほど、早く終わる(当たり前だけど)。でも、その意味があるのだ。
時々、テレビに出ている芸能人でも矯正をしている人を見かける。街角インタビューの女の子でも矯正している人を見る。それらを見ると、「ああ、一歩一歩きれいな歯並びに近づいている」と思う。

Martyは仕事で日本語教師をしているが、海外から来る学生で歯並びが汚い人がほとんどいない。
みんな、きれーにそろっている。つい歯並びに目が行ってしまうのだが・・・。
そして仕事上、Marty自身の歯並びも見られている。発音などで学生の目が一斉に口元に集まるのだ。
日本語教師をやってみたい、と思った瞬間に歯並びを直さなきゃ、と思ったのだ。
そう思ったら、それまでのウジウジした消極的なMartyはいなくなり、きれいな歯並び目指す人に変わっていた。
そして今、堂々と発音してみせられる。
あのギラギラした矯正装置をつける期間は約2年。たった2年なのだ。10年以上も悩んでいた自分がいやになる。その2年も、日に日に歯が動いていくものだから、楽しい2年なのだ。ちょっと痛いけど。
この矯正日記を読んでいるあなた!
鏡を出して、自分の歯並びを見てみましょう。八重歯じゃない?出っ歯じゃない?受け口じゃない?
歯並びの悪いところが虫歯になってない?
歯並びにコンプレックスをもっている人がいたら、まず行動すべし。
矯正は、自分の歯並びをまず知り、相談することから始まる。
そこからはじめてみよう!!
最終の歯並び
今回をもちましてカナダ バンクーバーで始めたMartyの歯列矯正日記は終わりとなります。
もし何かあったときはお知らせします。

THE END

上に戻る

英語教材

おみやげ

三洋堂 世界のおみやげショップ

「やってしまった買い忘れ!」
「義理であげなくてはならなくなった!」
カナダのお土産はココで解決!!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

vaninfo_vankura.com

_ を@に置き換えてEメールしていただくか下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

スピードラーニング