カナダで始めた歯列矯正

Q 費用と治療期間はどのくらい?

A わかりません。
歯並びは人によって違います。つまり人それぞれ微妙に治療方法及び期間が変わってきます。細かいことはドクターに精密検査をしてもらってからでなとわかりません。

でもここでMartyの場合の例をあげてみます。
期間・・・3年くらい。でも歯の動き具合は個人個人で違います。リテーナーを使い、完全に終わるには5年くらいかかると思います。

A 費用もわかりません。
しかし例としてMartyの費用を掲載します。

参考までの基本料金(2001年:Martyの場合)

  • $4,000(約35万円)
  • 始める前のレントゲン等  C$500(約42,000円)
  • 毎月の調整費用      $40(約3,500円)
  • ブレースがとれるまで支払うので、2年間として$40 × 24ヶ月=$960(約8万円)
  • もし虫歯治療があればプラスα。

合計         $5,560プラスα。(約46万円)

・Martyの場合、その他上あご広げ装置が必要で、今まで2回ほど作っています。
・リテーナーがいくらかかるかまだわかりません。参考程度に載せました。

上に戻る

Q 日本でも引継ぎ治療は可能ですか?

A 可能な場合もあります
治療の途中でも日本で引続き治療ができます。Dr.Kが紹介状を書いてくれ、カルテ・資料等バトンタッチします。日本全国の矯正歯科リストもあるので、ご自分の近所で継続治療ができます。
ワーホリだと約1年間のカナダ滞在になるかと思います。このコネクションは強みですよね。
しかし、病院の考え方や治療方法によって大きく変わります。
カナダ出発前に引継いでもらいたい病院に必ず相談してください!
「カナダで安易に歯列矯正治療を始め帰国。日本で歯列矯正の病院をいくつも回って引継ぎ相談をしたが見つからずイチから治療扱いになって、100万円近い金額をカナダの医者と日本の矯正歯科クリニックで支払うことになった。」という報告も届いています。

Marty編で登場している東京渋谷のC歯列矯正クリニックは、ドクターKと同じメーカーの矯正器具を使っていて引継ぎが出来ました。
本気でお考えであればカナダ バンクーバー、日本 渋谷にあるMartyの通った病院をお教えします。本名、返信メールアドレス等を明記の上、Eメールでお尋ねください。「どこの病院ですか?」などの1文だけのメールは冷やかしと判断して対応いたしません。ご了承ください。
また毎回100%引継ぎできると保障するものではありません。

上に戻る

Q お金は二重取りになりませんか?

A なりません。
矯正ブレースがすべて入った段階で矯正費用のほとんどを支払うので、月1回の調整段階に入っていれば、あとは毎回3,000円〜6,000円ほどの支払いになります。これはカナダでも日本でも同じです。なので、まずカナダでブラケットが入った状態まで治療を進めておけばお金はあまりかからないということになります。
ブラケット
が取れた後の「リテーナー」等、技巧技術が必要なモノはそのつど費用がかかります。カナダにいても日本にいても同じくかかるお金と考えていいでしょう。
これも上に同じく、病院の考え方や治療方法によって大きく変わります。
カナダ出発前に引継いでもらいたい病院に必ず相談してください!

上に戻る

Q 保険はききますか?

A ききません。
歯列矯正は日本でもカナダでも保険適用外です。
ただし、虫歯治療に関しては、日本の健康保険がきくと思います。カナダでの治療では割引なしですが帰国後払い戻しができるハズです。詳しくは市町村の国保の窓口(または国保組合)にお尋ね下さい。
いずれにしても、日本で完璧に虫歯治療しておきましょう。特に「歯の根っこ」の治療。カナダでやるとなると10万円以上かかります。帰国後払い戻せるといっても大変な額ですよね。

上に戻る

Q 矯正費用の大部分は何ですか?

A 先生の「技術・経験・知識」+矯正器具代です。
矯正途中でブラケット等が外れてしまっても、それらは無料で治してくれます。矯正に必要なゴムや口の中を守るワックス等も費用に含まれてますので、無くなったら無料でもらえます。
日本でもカナダでも、矯正歯科クリニックによって矯正料金はそれぞれです。ある程度相場はありますが、先生の独断で矯正料金が決めれるのです。
ドクターKはカナダ バンクーバーの日系歯科医ということで割高かも、と考える方もいらっしゃると思いますが、カナディアン系歯科医と矯正料金はさほど変わりませんでした。
しかしカナダには歯列矯正専門医(エキスパート矯正医)もいてそちらで歯列矯正をするとなると、かなり高くなります。とにかく、日本で歯列矯正するよりはカナダでする方が安い。カナダは歯列矯正人口が多いのでトータルコストが下がると考えていいと思います。

上に戻る

Q 矯正技術はどうですか?

A 日本より高いと思います。
歯並びを大事にする文化の矯正技術は日本よりすすんでいます。歯並びを大切にするという意識が自然と技術を引き上げていると思います。多くの日本人は歯並びに対して、あまりに無関心すぎると思うのです。
虫歯治療に関しても同じです。日本では虫歯の穴に保険のきく銀色の詰め物しかしません。でもこの色は黒系になり口の中が暗く見えるようになります。カナダでは最初から白い詰め物をします。こういうちょっとしたことが大きな差になっている気がしてなりません。

上に戻る

Q どうして矯正が必要なの?

A かみ合わせが整い、それが体全体によい影響を与える。
歯を矯正することによって、かみ合わせが整い、それが体全体によい影響を与えることは最近よくいわれることです。
あと、カナダではこんな風に言われてます。
「歯並びが悪い」→「つい隠しがちになる」→「コンプレックスにつながる」→「性格に影響する」…と、本人ではなく周りの人々が思うのだそうです。
更に「この子は矯正中だ。」→「親(または本人)がきちんと気にしている。」→「家族の絆もあり家の経済状態もよい。」と、家庭内の状態を推察することができてしまう。ちょっと大げさな気もしますが…。
日本人にはピンとこないのですが、カナダ、USAで歯並びは真っ先に見られます。
仮に彼(女)が「気にしないよ。」と言ってくれるでしょう。しかし何かの機会に二人で地元のカナディアンのパーティにでも出かけたとします。ガチャ歯のアナタと見て彼(女)は影でこう言われるでしょう。「あいつ、あんなのと付き合っているのか」と。もちろん「あんなの」とはガチャ歯のアナタのコト。アナタだけではすまないんです。ホントに育ちや家柄が悪いという目で見られます。

またカナダに来てカナディアン達の歯並びを見てみればキットわかります。自分の歯並びを気にしている人は見られるのがイヤなくらい皆キレイな完璧な歯並びをしています。
ある人はカナディアンのルームメイトから「なぜ、日本人の歯並びは皆、醜いんだ?」と聞かれたそうです。
また、ある人はホームステイ先のホストマザーから「歯並びの悪い人間は心が貧しい。」と言われたそうです。差別的な言葉ですがカナディアンは歯並びの悪さにこういう価値観を持っているということでしょう。
また小さな子供が多く集まるところに出いりしていた「歯並びの悪い日本人」は、子供達から歯並びが悪いのを珍しがられ(カナディアンの親はみな矯正してキレイ)、しまいには「ゴースト」とまで言われたそうです。
見たまま感じたままを正直に言う子供は1番残酷で客観的な意見を言ってくれる。つまりこれがアナタの歯を見たカナディアンの正直な意見なのです。

上に戻る

Q 歯を白くしたいのですが!

A できます。ブリーチといいます。
一般的な方法として、まず歯型を取り、その歯型にクスリをい入れ、夜寝る時にそれをはめて寝る、というモノ。約2週間ほどで終わります。
歯全体で約C$600〜700(約45,000〜50,000円)。しかし持続期間は約3ヶ月。白さを保つには3ヶ月後に再び同じコトを繰り返します。虫歯で神経を抜いた為の歯のくすみには、この方法は最適ではありません。

上に戻る

英語教材

おみやげ

三洋堂 世界のおみやげショップ

「やってしまった買い忘れ!」
「義理であげなくてはならなくなった!」
カナダのお土産はココで解決!!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

vaninfo_vankura.com

_ を@に置き換えてEメールしていただくか下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

スピードラーニング