バンクーバーの写真集42

戻る  
「バンクーバー取材旅行2」
2009年2/3〜13日
  次へ
 

バンクーバー取材旅行2

今回はすごかった。2000〜2001年に滞在した時より撮影したのではないだろうか。撮影総数ぬわんと1300枚。順番に更新していきます!

2009年2月3日
クルマからカナダの景色

お話しながらパシパシとシャッターを切る。
住んでいると何でもない景色になってしまうのだが、久々に来たばかりのときはあれもこれも新鮮に見える。


カナダの交差点

助手席にいるだけでも落ち着かない交差点の景色。日本と逆なんです。


クルマからカナダの景色

空いている道路。国道91号線をニューウェストミンスター、アナシス島方面へ向かっているところ。やはりスゲエ飛ばしている。


アレックスブレーザー橋

見えてきた横浜ベイブリッジ。大黒パーキングで一息入れたい。ってのはウソで。アレックスブレーザーブリッジ。それにしても横浜ベイブリッジに似ているな。どっちが真似したんだろう。


アレクッスブレーザーブリッジの上からデルタの工業地帯(笑)を撮影。乗用車からなんで半分隠れてしまいました。でもこのくらいの規模の工業地帯がいいのかもね。横浜出身のオイラにはよくわかる。


アレックスブレーザーブリッジ

アレックスブレーザーブリッジのいい景色なんだけど逆光。わかっちゃいたけど…それなりに撮影の仕方はあるのだろうけど説明書忘れてきちゃった。


サーリーの道路

デルタに入って景色がガラリと変わってきた。これこそカナダらしい景色でしょう。


サボる救急車

GSのシェル前の道に止められた救急車。運転手は十中八九シェルに隣接した喫茶コーナーでコーヒーを飲んでいる。日本だったら夜7時のニュースクラスのコト。怠慢だの不謹慎だのと吊るし上げられる。カナダでは日常茶飯事。文化の違い。


残った雪

かき集められた雪。今年はかなりの量の雪が降りブルドーザーで集めなくてはならない事態にまでなったという。このときがとてつもなく寒かったという。


お世話になる矢野っちの家はタウンハウス。今日はゴミの日。各家の入口前に生ゴミと紙の資源ゴミが置かれている。一軒づつ持っていってくれるんだ。ヘンなところで面倒なコトをするんだね。1ヵ所に集めれば手間はかからないのに。


カナダもゴミは分別

紙は青いケースかバケツに入れられている。あ、クルマの広告欲しいな


カナダのゴミ箱

バケツにキャスターが付いていて少しくらいの距離を運んでいける。


お待ちかねのパソコン

ついに4重のエアパッキンと下部のダンボールから取り出されたInspiron530S。ツタンカーメンみたいだね。Windowsの細かい部分は日本でセットアップ済み。すごいサービス。オレがやってもらいたい。早速、入れ替え交換する。


外へ

一通りセットアップが終わった。しかしLANケーブルが壊れていることがわかり買いに出たところ。いままでのものはLANケーブルは差込のロックが折れて抜けかかった状態になっていた。それでよく「(ネットが途中で)切れる、切れる。」言っていたワケね。


スカイトレインエアポート駅

新しいショッピングモール。平日なのに人は入っている。ヒマと考えるか、ゆとりの時間があると考えるかの差だろう。3ケ月もするとこの生活スタイルに慣れる。しかし日本に戻ったときが取り戻すのが大変だぞ。


カナダの道路

さあ、戻りましょう。日が落ちて急激に冷え込んできた。成田からズーッと起きていたようで何か疲れてきたな。でもまだ作業が残っている…。きつ(連日作業は午前まで続いた…)。



 
 
戻る  
「バンクーバー取材旅行2」
2009年2/3〜13日
  次へ

当サイトの内容を参考に行動して、あなたに不都合が生じても一切責任は負いません。

Copyright (C) 2000-2014 バンクーバー暮らし方 編集室 All Rights Reserved